家を売買する際の手続きについて

不動産売買を行うこと自体が初めての方も多いので分からないこともあるでしょう。

 

分譲マンションや建売住宅、建築条件付きの土地、中古物件などの不動産の種類によってそれぞれ違いが出てきます。

 

特に中古物件の需要がかなり減ってきています。

その理由は『新築物件の値段が下がっている』からです。
家を売買する際の手続きについて
中古物件と同等の価格で販売されている新築物件が見つかれば当然新しくてキレイな新築の方を購入しますよね。
私の場合も昔2,400万円で中古物件を購入したのですが最近新しく新築物件を購入しようと考えて中古物件を売る時に査定をしてもらうと1,260万円だったのです。
なぜ?ここまで値下がりをしたのかというと私の家の付近に1,500万くらいの広さも値段も同等の新築物件が売られていたのが原因です。

 

このような家を売買する時に売る時よりお買った値段よりも大幅に下がってしまった例はたくさんあります。
現在で中古物件を高く売りたいと思ったら、そう簡単に売れない世の中になっています。

 

そうならない為には、まずは不動産に関する知識を身につけることが大切です。

家を売買する際の手続きについて

何も知らないまま仲介を依頼する不動産会社にすべて任せてしまうと、過去の売買のデータと付近の物件の相場価格を目安にしながら金額を出していきます。

 

また、不動産売買は値下げをする可能性もあります。
不動産会社に提示された金額で売却をしても必ずしもその金額で物件が売れる可能性は低いです。
そこからまた値下げされて安く買い取ろうと買い手側は思っています。
買い手の方ももちろん安くて良い家を探していますので値下げ交渉をします。
値下げ交渉対策とその値下げを受け入れる覚悟が必要になります。

 

不動産に関する知識を身につけることで事前にトラブルの回避や思わぬところで物件を高く売ることが出来るかもしれません!

 

そこで中古物件の場合を例にして売買する際における売却する時の手続きの流れを簡単にまとめてみました。

 

不動産売買の手続きの流れ

家を売買する際の手続きについて

複数の不動産会社に査定を依頼する

家を売却する際は1つの不動産会社に査定を依頼するよりも複数の不動産会社に査定を依頼した方が自分の家の売却金額の相場を見つけることが出来ます。
また、不動産会社によっては売却金額が変化します。

 

例えば最初の査定金額が1,550万円だったところが、他の不動産会社では1,700万円で売却が出来る不動産会社もあります。

 

家を売却する時は何よりも複数の不動産会社に相談をして査定額を出してもらうことが大切です。

 

まずは自分の家を不動産一括査定をしてみて自分の家の金額を知っておきましょう。

 

不動産業者から査定金額を提示・不動産業者と契約

一括査定をすることで各不動産会社から自分の家の査定価格を提示してくれます。
査定金額を受け取ったら担当者との相性や会社の規模などを吟味しつつ何処の不動産会社に家を売ってもらうかを決めます。

 

売却を決断したら不動産会社との間に『媒介契約』を結びます。
媒介契約によって正式に売却を依頼したことになります。
因みに媒介契約には3種類あって、それぞれの特徴がありますので自分に合った媒介契約を選びましょう!

 

売却活動・買い手の内覧

買い手を見つけるために不動産会社は様々な方法で売却活動を行います。
新聞折込チラシによる広告、ホームページに公開するなど売却活動が進められて契約形態に基づいて不動産会社から報告があります。
そして買い手が見つかったら自分の家の見学(内覧)してもらうことになります。
その際の物件の清掃や整理整頓などをできる限りすることを心がけましょう!

 

また買い手の日時の希望に合わせて、掃除はもちろん家の窓を全開にしてニオイ対策をしておいた方が良いです。

 

売買契約の締結・手付金を授受

不動産の売買契約は仲介業者の他にも売り手と買い手の両方が顔合わせをします。
日時は仲介業者を通して互いに日時を合わせておきましょう。

 

買い手と契約条件について合意に達した時点で売買契約の手続きを進めていきます。
内容は売買契約書の詰め合わせとお互いに契約書に記名と押印を行います。
因みに手付金は売買金額の10〜20%が一般的です。

 

買い手は重要事項説明書を説明を聞いて売買契約書を交わし、手付金の受領して売買契約を締結します。
売買契約が締結されると取引内容や権利、義務などが確定して以降からその権利などを遂行する準備に移ります。

 

売買代金と諸費用の清算

家の売却価格から手付金を引いた金額が振り込まれます。
この時に住宅ローンの残債を清算したり不動産会社へ仲介手数料を支払ったりします。

 

また、この時に振り込まれるすべての金額が次の新しい家の頭金に回せるわけではないので注意しましょう。

 

買い手への引き渡し・残代金の授受

引渡し日まで抵当権の抹消手続き各種書類の準備(固定資産税納付書・権利証・印鑑証明書)をしてから引渡しの手続きを行います。
主な手続きは残代金の受け取りや固定資産税の清算、登記の申請、鍵の引き渡しなどがあります。
これらの作業をすべて完了すると無事に引渡しが出来ます。

 

また引渡しの時期についても契約書にお互い決めてから記載して、その期日までに引き渡しましょう。

 

後は引越しをすれば不動産の売買活動は終了になります。

 

売買契約で最も重要なこと

家を売買する際の手続きについて

最後に一言だけ覚えてもらいたいことがあります。

 

それは『高く売りたい時は長期戦を覚悟にすること』です。

 

自分の家を早く高く売りたい気持ちは分かりますが自分の所有している物件がよほど人気の高い物件ではない限り希望通りのタイミングと売却金額で買い取ってもらえる可能性が極めて低いからです。

 

『早く高く家を売却すること』は無理!

でも、より高く売りたいのであれば長期戦を覚悟に自分の家を売却しましょう!