家の税金〈固定資産税〉はいつ?いくらくらい払えばいいのか?

家を所有していると掛かるであろう固定資産税は払う時期はいつで一体いくらくらいなのでしょうか?

 

1年間家で暮らしているとあまり気にしていませんでしたが知らない間に多額の金額が落ちるのも驚きますよね。
特に固定資産税に関しては金額が他の税金よりも高いので不安になる方も多いと思います。

 

そんな固定資産税の通知はいつ頃に送られてくるのでしょうか?
そして、いつからいつまで支払わないといけないのか知っていますか?
知っているかと思いますが税金の延滞は恐ろしいものですのできちんと把握しておきましょう。

 

固定資産税とは?

固定資産税は建物や土地を所有している方に掛かる税金のことを指します。
市町村税の1つで、その年の1月1日に家や土地を所有している方に掛かります。

 

賃貸の方は建物や土地を所有せず部屋を借りているだけなので支払う必要はありません。
賃貸の場合はその物件を所有している大家さんが支払うことになっています。

 

市町村税は税収全体の50%くらいが固定資産税に占めているので各市町村にとって重要な税金になります。

 

仮にその住居を夫婦で共用保有している場合は双方に固定資産税が掛かりますが、その住居の持ち主の代表に納税通知書が送られてきます。

 

固定資産税の納期はいつからいつまでなのか?

家の税金〈固定資産税〉はいつ?いくらくらい払えばいいのか?

固定資産の支払いは納税通知書が来たらすぐに支払いは可能です。
また納税通知書は納付書になりますので大切に保管しておきましょう。

 

その納付書を銀行に持っていって現金で支払ったりクレジットカードで支払いが出来る自治体もあります。
最近ではコンビニでも支払うことが可能になったので便利な世の中になったものです。

 

そんな固定資産の納税通知書の納期は10日前に通知が来ていないといけない決まりになっています。
例えば4月末までの支払いが納期なら4月中に必ず送られてきます。
因みに固定資産税には納期が4期に分かれて納付書が送られてきますが必ず分割で支払わなければいけないとかそういった決まりとかはありません。
もちろん生命保険みたいに一括で支払うと割引されるようなシステムはないのですが固定資産税は全期分を一括で支払うことが出来ます。

また固定資産税の納期には住んでいる市町村によって異なります。

納税通知書が届く前に納期を知りたい方は市町村に連絡をして問い合わせるのが確実です。

 

固定資産税の納期は10日前に納税通知書が必ず届きますので確認できたら早めに支払った方が良いでしょう。
早めに支払う分には何も問題はありませんが納期が遅れてしまうと延滞金が上乗せさせられるペナルティが発生しますので正直痛いですよね、、。
それでも支払わない場合は督促状が届いて自分が所有している家と土地が差し押さえになってしまうので必ず納期を守って支払うようにしましょう!
家の税金〈固定資産税〉はいつ?いくらくらい払えばいいのか?
ただ、どうしても固定資産税の支払いが遅れてしまう場合は事前に連絡をすれば大丈夫です。
そうすれば分割払いにしてくれたり、納期をズラしてくれることもあるので一度相談してみましょう。

 

 

固定資産税はいつ支払うのか?

1月1日にその市町村に建物と土地を所有している人を対象となりますので1月2日以降に家または土地を所有した方は、次年度から固定資産税を支払うことになります。

 

固定資産税は毎年4月上旬から6月までに各市町村から送られてくる納税通知書で知らされます。

 

納税は一括払い分割払いの2通りの支払い方法があります。

 

  • 一括払いをする場合:1年分まとめて納める(4月〜6月)
  • 分割払いをする場合:年4回(4月〈または5月・6月〉・7月・12月・翌年12月)に分けて納める

 

固定資産税を支払う月については、これもまた各市町村によって異なります。
実際に私が住んでいる東京都23区では6月末までに納税通知書が届きますが、私の知人は大阪の大阪市に住んでいて1回目は4月ですが大体5月、6月までに納税通知書が届いたそうです。
納税場所や納税方法については各市町村で確認できますので連絡して問い合わせましょう。

 

固定資産税はいくらくらい掛かるのか?

家の税金〈固定資産税〉はいつ?いくらくらい払えばいいのか?

固定資産税は以下の式で計算して出すことが出来ます。

 

課税標準額×税率(1.4%)=固定資産税学

 

因みに課税標準額は固定資産評価基準によって決定されます。
納税通知書を見ない限りでは分かりませんが年に大体数万円から20万円ぐらい掛かります。

 

建物や土地には特例優遇がある

家の税金〈固定資産税〉はいつ?いくらくらい払えばいいのか?
建物と土地には以下の通り特例優遇があります。

 

建物:共用部分の持分面積を含んだ床面積50u以上で120uまでの新築は3年間の認定長期優良住宅は5年間半額になる
土地:200u以下は6分の1または200uは3分の1

 

土地の場合は6で割って建物の場合は2で割って計算しましょう。

 

まとめ

固定資産税は地域によって納税通知書の送付の時期にバラつきがありますが毎年4月〜6月あたりに配布されます。
納期も地域によってバラつきがありますが必ず10日前には通知が来ますので遅れないように支払いを済ませましょう。