家を売買する時に発生する税金の種類とは?所有しているだけでも税金は掛かるのか?

家を売買する時(所有している時)にも様々な税金が掛かります。
掛かる税金の種類は多いだけではなく優遇を受けられる税金も多いため家を売買する前にある程度は税金についての知識を身につける必要があります。
また、どんな税金があるのか知っておくことでこれから掛かる費用などを事前に準備することも出来ます。

 

では、それぞれの税金の仕組みを見ていきましょう!

 

家の売却時に掛かる税金の種類

家を売買する時に発生する税金の種類とは?所有しているだけでも税金は掛かるのか?

■所得税
媒介業者(仲介業者)への手数料などに掛かります。

 

■印紙税
売却する時でも売買契約書を作成する際に印紙税が必要になります。

 

■住民税
所得税と同じように売却利益に対して課税されて道府県民税や市町村民税などに掛かります。

 

■譲渡所得税
売却による利益があった場合に課税されますが家の売却では様々な特例が用意されています。
また、法人の場合は法人税が課税されます。

 

 

家の購入時に掛かる税金の種類

家を売買する時に発生する税金の種類とは?所有しているだけでも税金は掛かるのか?

家を購入時に掛かる税金と言えば「消費税」を気にする方が多いでしょう。
ですが実はというと「土地」や「中古住宅」などには消費税は掛かりません。
だが消費税が掛からないのはあくまでも「土地」と「中古住宅本体」だけです。
土地とともに購入する住宅や不動産会社を通して」中古住宅を購入した時の手数料は必ず消費税が掛かります。

 

■消費税
媒介業者(仲介業者)などへの手数料や各種の報酬、売買代金のうち建物の部分、建物の建築工事費用などに掛かります。
因みに土地の場合は非課税になります。

 

■印紙税
売買契約書や建築工事契請負約書などに掛かります。

 

■贈与税(暦年課税制度)
建物や土地を贈与で貰う際や住宅購入資金などを贈与された時に掛かります。

 

■相続税
相続や遺贈による取得で他の財産と合わせて一定額以上になる場合は課税されます。

 

■登録免許税
所有権移転や抵当権設定、保存などの登記をする時に必要となります。
コチラは期間限定で軽減税率が適用されていますので中古住宅を購入した時に「土地の売買による所有権移転登記」の名目で課税が課せられます。

 

■不動産所得税
建物や土地を取得してから言っていき何晏後に納税通知書が送られてきます。
本体の4%の価格ですが平成27年3月31日までは3%に減額中で新築住宅に関しては減税制度などあります。

 

家の購入時の税金は価格や新築住宅、中古住宅で金額が異なります。
しかし不動産会社などが「手数料」という名目で計算してくれます。
不動産会社に支払う手数料を含めて家の価格プラス約200万円程度掛かるとみておくと良いでしょう。

 

家を所有している時に掛かる税金の種類

家を売買する時に発生する税金の種類とは?所有しているだけでも税金は掛かるのか?

■固定資産税
建物と土地の両方に課税されて毎年度支払いが必要となります。
3年に1度税金の見直しがあり、築年数が経過した一戸建ては安くなっている傾向があります。

 

■都市計画税
都市計画区域内の建物や土地に課税されます。
市町村ごとに定められた税金で税率の上限は0,3%になりますが各市町村ごとに金額が変わっていきます。

 

家の購入または売却する、所有していると掛かる税金だけでもこれだけ多くの税金の種類があり、それぞれの税金には特例による優遇が加わるのでややこしくなります。
それ以外にも賃貸する時に掛かる税金などもたくさんの種類があります。
家を所有するということであれば少なくとも家を所有する時に関係する税金だけでも知っておいた方が良いです。
優遇の条件を知らなくて損をすることはもちろん税金が掛かる条件を知らずに無駄な税金を支払うこともありますので要注意

 

税額を引き下げるにはどうすれば?

家に掛かる税金の種類は多いですが、その多くは特例借地が取られています。
ほとんどの税金には軽減借地があるため、うまいこと利用することで引き下げる可能性があると思います。
ただ、どのような条件でどの特例が対象になるのかは素人の私たちでは判断がしにくいため住宅の税金に詳しい住宅メーカーや不動産会社関係の方に相談してみることをオススメします。
家を購入するタイミングによっても建物や土地の大きさ、設備の種類など細かい条件が違ったりしてきますので支払う税金の金額が大きく違ったりすることもあります。

 

つまり条件をうまく組み合わせて活用することで大幅な減税が期待できます。

また、そういったプランなどは住宅会社が立ててくれるので将来的にも味方になってくれると思います。
節税については相談にのってくれた会社に建築を任せるというのも1つの方法だと思います。

 

一生継続して支払い続ける税金も中にはあるので注意!

家を新しく建てた後に毎年掛かる税金があります。
それが固定資産税都市計画税です。
以下のように固定資産税評価額に税率をかけて金額が決定します。

 

固定資産税
建物・土地ともに「固定資産税評価額×1,4%(標準税率)」
都市計画税
建物・土地ともに「固定資産税×0,3%(制限税率)」

 

しかし税率は国が示している目安(もしくは上限)になるので実際の税率は市区町村が決定しています。
土地についても評価額が軽減されている特例もありますので詳しくは自分の住んでいる市区町村のホームページを確認して計算してみましょう。

 

支払い時期を知って余裕をもって納税しよう!

家を購入にしても売却にしても多くの税金が掛かります。
税金は法律で税率や金が悪の算出方法が決まっているので節約や値引きをすることが出来ません。
だが逆に金額を推定できるのでお金の準備をしやすいのがメリットと言えるでしょう。
納税時には慌てないように必要な金額だけでもきちんと準備をしましょう。